各人の納付税額の計算


 

各人の取得財産が以下のとおりであった場合

 

配偶者・・・・土地・建物(7400万円)

子(長男)・・預貯金(3700万円)

子(長女)・・上場株式(3700万円)

 

課税遺産総額は1億4800万円-4800万円(基礎控除)=1億円

 

法定相続分(配偶者1/2,長男1/4,長女1/4)で按分した各人の税額は

 

配偶者・・・・5000万円×20%-200万円=800万円

子(長男)・・2500万円×15%-50万円=325万円

子(長女)・・2500万円×15%-50万円=325万円 総額1450万円

 

となり、相続税の総額1450万円を取得財産の割合(各人の課税価格/課税価格の合計額)で按分すると

 

配偶者・・・・1450万円×0.5=725万円

子(長男)・・1450万円×0.25=362万5千円

子(長女)・・1450万円×0.25=362万5千円

 

と各人の相続税額が計算されました。

 

実際に納付する税額は上記の金額から各種控除を差し引きます。

 

代表的なものに配偶者の税額軽減があります。配偶者の税額軽減を適用すれば配偶者の取得した財産が法定相続分以下であれば取得額がいくら多くとも相続税はかかりません。さらに法定相続分を超えていても1億6000万円以下の取得財産であれば相続税はかからないという規定になっています。

 

よって各人の納付税額は

 

配偶者・・・・725万円-725万円=0円

子(長男)・・362万5千円

子(長女)・・362万5千円

 

となります。