相続欠格


 

相続欠格とは、相続人となるべき人が法定の非行を行った場合に相続人としての資格を失わせることを言います。相続人としての資格を失わせる事由は以下の通りです。

 

①故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡させ、又は死亡させようとしたために、刑に処せられた者

②被相続人の殺害されたことを知って、告発せず、又は告訴しなかった者

③詐欺又は強迫によって、被相続人が遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者

④詐欺又は強迫によって、被相続人に遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

⑤被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

 

 

相続人の廃除

 

相続人の廃除とは、相続人となるべき者(推定相続人)が被相続人に対して虐待や重大な侮辱を加えたとき、又は相続人となるべき者(推定相続人)にその他の著しい非行があったときに、被相続人の意思によって相続権を剥奪する制度のことです。

 

相続人の廃除は、家庭裁判所に対する推定相続人廃除調停申し立てにより行います。申し立ては生前に行うことができる他、遺言によっても行うことができます。遺言の場合は、指定された遺言執行者によって家庭裁判所に申し立てが行われます。

 

尚、相続人の廃除の対象者は遺留分が認められている被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に限られます。被相続人の兄弟姉妹も推定相続人となりえますが、これらの者については遺留分が認められていないので、遺言によって財産を相続させないようにすることができるため廃除の対象とはならないからです。