財産評価


©新潟県新潟市神田公認会計士・税理士事務所
©新潟県新潟市神田公認会計士・税理士事務所

 

財産評価(土地)

 

相続財産の中に土地がある場合には、「路線価方式」または「倍率方式」によって相続税評価額を計算します。

 

路線価方式とは、その土地の面する路線に付された路線価(言わば道路の価格)を基礎として、その土地が所在する地域やその土地の形状(例えば整った正方形に近い土地か又は形状が一定でない歪んだ土地等)や地積、道路に接している状況等を勘案し評価する方法です。路線価方式が適用される地域は、主に市街地の宅地です。路線価は税務署や国税庁のホームページで確認することができます。

 

倍率方式とは、その土地に付されている固定資産税評価額を基礎として、一定の倍率を乗じて評価する方法です。倍率方式が適用される地域は、主に郊外や農村部に所在する土地です。固定資産税評価額は、市町村等の固定資産税担当課で評価証明書を取得することにより確認することができます。倍率は、その土地の状況が類似する地域ごとに、売買実例や公示価格、鑑定評価額等を参考に決定され、税務署や国税庁のホームページで確認することができます。

 

尚、路線価や倍率は毎年7月1日頃に公表となりますので、是非ご確認下さい。

 

 

財産評価(家屋)

 

相続財産の中に家屋がある場合には、倍率方式によって相続税評価額を計算します。倍率方式とは、その家屋に付されている固定資産税評価額に一定の倍率を乗じて評価する方法です。家屋の倍率は現在1.0倍となっているため、固定資産税評価額がそのまま相続税評価額になります。

 

固定資産税評価額は、市町村等の固定資産税担当課で評価証明書を取得することにより確認することができます。尚、家屋の評価には電気・ガス設備、給排水設備等の建物附属設備が含まれます。一方で、家屋から独立した、門扉や塀、庭園設備等は家屋とは別に評価することになります。