相次相続控除


©新潟県新潟市神田公認会計士・税理士事務所
©新潟県新潟市神田公認会計士・税理士事務所

 

相次相続控除とは、今回の相続開始前10年以内に被相続人が相続、遺贈等によって財産を取得し相続税が課されていた場合に、その被相続人から相続、遺贈等によって財産を取得した人の相続税額から、一定の金額を控除するというものです。

 

具体的には、祖父の死亡後に父が財産を相続し、その後10年以内に父も死亡し子への相続が起こった場合などです。この時には、短期間に複数の相続が起こり、最初の相続で課税された財産に再度相続税が課されることとなり、その期間が短いほどに税務負担が重くなる可能性が高まります。この負担を軽減する措置として相次相続控除が適用されます。

 

相次相続控除が適用できるのは、以下の全てに当てはまる人です。

 

①被相続人の相続人であること

②その相続の開始前10年以内に開始した相続により被相続人が財産を取得していること

③その相続の開始前10年以内に開始した相続により取得した財産について、被相続人に対し相続税が課税されたこと

 

尚、③について被相続人に対して相続税が課税されたことが要件となっていますので、例えば前回の相続で夫が死亡し、妻が配偶者の税額の軽減により相続税額がゼロになった時は、その後10年以内に妻が死亡した場合でも、子が相次相続控除の適用を受けることはできません。

 

計算例

 

相次相続控除は、前回の相続において課税された相続税のうち、1年につき10%ずつ減額した金額を今回の相続に係る相続税から控除しようというものです。

 

控除額の計算式は以下のとおりです。

 

控除額=A × C/B-A × D/C × 10-E/10

 

C/B-A が 100/100 を超えるときは 100/100 とする。

 

A:今回の被相続人が前の相続の際に課税された相続税額

B:被相続人が前の相続の時に取得した純資産価額(取得財産等の価額-債務及び葬式費用等の金額)

C:今回の相続、遺贈等によって財産を取得したすべての人の純資産価額の合計額

D:今回のその相続人の取得した純資産価額

E:前回の相続から今回の相続までの期間(1年未満の期間は切り捨て)

 

例えば、祖父が5年6か月前に死亡し、その時父が祖父から相続した純資産価額は1億4千万円、相続税900万円であり、今回父の死亡時に相続する全体の純資産価額は1億5千万円で、子が相続する純資産価額は7500万円の場合、子の相次相続控除は以下の通りです。

 

A:前回の父の相続税額900万円

B:前回父が取得した純資産額1億4千万円

C:今回の相続のすべての純資産額1億5千万円

D:今回の相続で子が取得した純資産額7500万円

E:前回の相続から今回の相続までの期間5年6か月→1年未満切り捨てのため5年

 

よって控除額は以下の通りです。

 

900万 

×1億5千万/1億4千万-900万 ※(100/100を超えるため100/100)

×7500万/1億5千万

×10-5/10

=225万円