各人の相続税額の計算


©新潟県新潟市神田公認会計士・税理士事務所
©新潟県新潟市神田公認会計士・税理士事務所

 

各人の取得財産が以下のとおりであった場合

 

配偶者・・・・土地・建物(7400万円)

子(長男)・・預貯金(3700万円)

子(長女)・・上場株式(3700万円)

 

課税価格の合計額は「7400万円+3700万円+3700万円=1億4800万円」

基礎控除額は「3000万円+600万円×3人(配偶者、長男、長女)=4800万円」

課税される遺産総額は「1億4800万円-4800万円=1億円」

 

そして遺産総額を法定相続分で按分すると

 

配偶者・・・・1億円×1/2=5000万円

子(長男)・・1億円×1/4=2500万円

子(長女)・・1億円×1/4=2500万円

 

と計算され、各人の税額は

 

配偶者・・・・5000万円×20%-200万円=800万円

子(長男)・・2500万円×15%-50万円=325万円

子(長女)・・2500万円×15%-50万円=325万円

 

相続税の総額は「800万円+325万円+325万円=1450万円」となります。

 

各人の相続税額は、総額に按分割合を掛けて算出します。その按分割合は「各人の課税価格/課税価格の合計額」です。

 

配偶者・・・・7400万円/1億4800万円=0.5

子(長男)・・3700万円/1億4800万円=0.25

子(長女)・・3700万円/1億4800万円=0.25

 

よって各人の相続税額は

 

配偶者・・・・1450万円×0.5=725万円

子(長男)・・1450万円×0.25=362万5千円

子(長女)・・1450万円×0.25=362万5千円

 

となります。

 

※ポイント

上記の例では計算を分かりやすくするために、按分割合(配偶者0.5,長男0.25,長女0.25)が法定相続分(配偶者1/2,長男1/4,長女1/4)と一致するように取得財産で調整をしています。実際の按分割合は必ずしも法定相続分と一致するわけではありません。