相続税計算の各段階


©新潟県新潟市神田公認会計士・税理士事務所
©新潟県新潟市神田公認会計士・税理士事務所

 

相続税の計算にあたっては大きく以下の4つの段階があります。

 

①課税価格の計算

②相続税の総額の計算

③各人の相続税額の計算

④各人の納付税額の計算

 

①の「課税価格の計算」では、相続や遺贈によって財産を取得した人ごとに課税価格を計算します。

 

②の「相続税の総額の計算」では、課税価格の合計額から基礎控除を差し引き、法定相続分で各人に按分し税率をかけて各人ごとの税額を算出し、それらを合計して相続税の総額を計算します。

 

③の「各人の相続税額の計算」では、相続税の総額を各人が実際に取得した財産の割合で按分します。

 

④の「各人の納付税額の計算」では、配偶者の税額軽減などの調整項目を計算します。

 

 

課税価格の計算

 

課税価格の計算式は以下の通りです。

 

①相続(遺贈)財産+②みなし相続財産-③非課税資産-④債務控除+⑤相続開始前3年以内の贈与財産+⑥相続時精算課税に係る贈与財産=課税価格

 

※ポイント

①相続(遺贈)財産

相続によって取得した財産のことて、土地・建物・預貯金・株式等の他、遺言によって財産を取得した場合も含まれます。

②みなし相続財産

被相続人(死亡された方)が所有していたものではないが、相続開始により財産とみなされたもの。例えば、生命保険金や死亡退職金など。

③非課税資産

相続財産のうちで社会政策目的や国民感情に配慮し非課税となる資産のこと。例えば、墓地・墓石・仏壇など。

④債務控除

被相続人(亡くなられた方)のマイナスの財産のこと。例えば借入金や未払いの税金の他、葬式費用も含まれます。

⑤相続開始前3年以内の贈与財産

相続や遺言によって財産を取得した人が、相続の開始前3年以内に被相続人から財産の贈与を受けていた場合にはその贈与財産を課税価格に加算します。尚、加算する価額は贈与を受けた時の時価です。

⑥相続時精算課税に係る贈与財産

相続時精算課税制度(生前に贈与を受けた資産について、相続時に合算し精算する制度)によって取得した財産のこと。